Kiichiro Adachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありふれた友情の話 2

現在僕は文化庁の芸術家海外研修制度でニューヨークに滞在している。以下の日記は半年以上前に書いたもので渡米前に載せようかと思っていたが片付けが苦手な人間にそんな余裕はなく今になって思い出した。



真冬の合間の雲ひとつない温かい日に僕たちは再会した。今でも予想できる限りの最高の再会であっただろうと僕は思っている。

彼と最後に会ったのは大学の卒業式の少し前だった。彼は卒業式を待たずとして渡仏するというので夜に大学の目の前にある彼のおんぼろアパート(今はもうない)に訪れた。すでに大方の荷物はダンボールに詰められていてどこか僕は置いていかれたような気持ちになって無言でそれらを見渡した。僕はといえば就職の内定も蹴り作家としてやっていくぞと意気込むも何ら見通しがたっていなかった。とにかく僕たちは乾杯した、それが酒だったかコーヒーだったのかも覚えていないが。
彼は彫刻科に所属しており、その仲間内でデザイン棟にある卒業制作が話題となって大挙して訪れたらしい。それが偶然にも僕の作品だったので彼はそれが嬉しくて僕をそれを興奮気味に伝えてくれた。「やったね」と言うそのトーンがいつもより低くて偽りないように感じた。実際僕もこの作品のアイデアが浮かんだ時点でこれはどこかの美術館にコレクションされるぞと世間知らず怖いもの知らずに自惚れてたから彼の言葉はとても嬉しくてそしてこそばゆかったのを覚えている。
彼はフランスに行ってアートの勉強をすると言い僕は日本でもう少しやってからNYへ行くと返した。彼に対抗しての言葉であったことは否定できない。渡米する為の具体的な手段など持っていなかったし、ただ好きなアーティストがたくさんいたからという理由だけだった。その日はそんなに長い時間を過ごさなかった。彼が何故フランスを選んだのかは知らなかったし聞いたところでより距離を感じてしまうだけだったから。

それから彼との再会には11年を要した。パリに遊びにおいでという誘いはあったものの実際に行くことはなかった。また何度か日本に帰ってきてることも知っていたが会いたくなかった。果たして僕は彼に会えるほど成長できたのかわからなかったし、もっと自分が成長できて、またもっと何かしらの成果が得てから堂々と会えればそれでいいと思っていたから。

そして真冬の合間の雲ひとつない温かい日に僕たちは再会した。文化庁の助成金の面接会場の入口だった。古い建物の重々しい両開きの扉を押し開けると彼がいた。まずはじめに気付いたのは彼の方だった──僕は明るい外から薄暗い室内に入ったのでまだ目が慣れていなかったからと言い訳をしておく。
彼は入口で守衛に面接会場場所を確認しているところだったようで入口を振り向いた彼はすぐさま僕に気づいて驚いた調子で僕のあだ名を呼んだ。それに続けて僕も驚く。
彼は11年前と変わらない細身にぴったりとした小綺麗な服を纏い、そして小さなスーツケースを持っていた。今朝成田に着いてそのまま来たのだという。
僕たちは11年ぶりの再会に昂ぶってしまい緊張する他の面接待ちの受験者も気にせずベラベラと話し続けた。(その人も知人だったし合格していたので許してください)面接などもうでもよかった。合否がどうでもいいという訳ではなく彼との再会の奇跡の中で落ちる訳などないという確信があったのだろう。
面接が終わった後に僕らはお互いのその日の予定をキャンセルして共に過ごした。歩きながら僕たちは話し続けた、学生時代には入ることを想像もしなかったようなカフェでランチを食べながら、ビルの最上階にあるギャラリーで展示を見ながら、喫茶店でコーヒーを飲みながら。そして大きな抱擁を交わし解散した。時間にしてみればたった数時間の事だがそれは僕たちの11年間を埋めてくれた。
これが予想出来る限りの最高の再会?と思うかもしれない。もっと映画のようなドラマチックな再会があるんじゃないのかと。しかし多くの幸福は坦々と均一に流れる時間の中に存在し、圧縮されるような激情とは縁遠い時もあるのだ。僕たちもまたこのような過ごし方をしたことは初めてで互いに大人になったことを感じただろう。だからこういったありふれた日常の一日として、真冬の合間の温かい陽射しの中、穏やかな気持ちで再会できたことが僕たちにとっては最良のものだった。

11年間の胸のつっかかりみたいなものもようやくとれた気がした。

2015_11_11_11am.jpg

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>