Kiichiro Adachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく政治の話 2

今の状況がなんとなく第二次大戦直前に酷似してるのかもなと思った。
安保法案を戦争法案と煽るような馬鹿げたことではなくただ客観的に見て状況や要因が似ているなと感じただけだが。

第二次世界大戦の引き金は先の大戦で天文学的な賠償金を背負わされたドイツがさらにその後の世界恐慌により経済は荒廃、そこから民族の優秀性をもって自信回復をする為に国粋主義へと走り政権を獲ったナチスが海外進出の為に近隣国へと侵攻したのが始まりだった。大雑把な流れはこんな感じだったと記憶している。

今回のなだれ込む非白人であり異教徒のシリア難民、そしてVWの不正による巨額の賠償金により技術国ドイツへの信頼が揺らぎ傾きを見せる経済。EU自体これ以上のイスラム社会の流入を過度に恐れている。出生率などの違いから数十年後にEUはイスラム人口が多数派になるだろうと予想されているからだ。結果、矛先が難民へと向き国粋主義へと奔走する可能性は予想できよう。キリスト社会を守る為に白人社会を守る為に動き出しても全く疑問ではない。

アジアにおいても同じことが想起される。台頭してきた中国は徐々に好景気に翳りを見せ始めそれを埋め合わせる為に海外進出へと躍起になっている。かつて植民地を使ったブロック経済で世界恐慌を乗り切ろうとした列強国。日本もそれに倣い海外へと繰り出し東南アジアを植民地にしていた白人達を追い出し大東亜共栄圏を謳ったその姿と被せて見てしまう。そして現在、海外侵攻を虎視眈々と進める中国に対して日本は軍拡の準備やブロック経済と成り得るTPPで防護壁を築こうとしている。

歴史は繰り返すというが人間は過去から学ぶことができる(と信じたい)。だからそうならないことを願う。しかしそれをも巻き込む大きな流れというものがあるのかもしれない。それが僕が危惧することだ。



Anomalocaris_IMG_6213.jpg

全然関係ないけど、東京科学博物館での展覧会にあったアノマロカリスの折り方。こういうノリ好き。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>