Kiichiro Adachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNDER CONTROL

 地球には様々な民族や国家が共存しており、文化やそれを担う宗教、民族的特性には自然環境の差異が色濃く表れている。私たちは自然をどのようなものとして捉えてきたのか(※)。例えば中東のような過酷な砂漠環境においては自然は乗り越えるべき存在であった。ひとつの間違いが生命に関わるような環境において多くの神がいては選択に迷いが生じて死に至る、よって唯一神の存在が不可欠であったろう。欧州辺りの穏やかで過ごしやすい気候では人は自然を従順な対象として捉えた。その為に住環境も内と外を明確に隔てるように発達したし全ては征服できるものだという思考は至極当然であっただろう。高温多湿なインドでは自然は忍耐してやり過ごすことこそが賢明な選択であった。その中からヨガのような修行法が生まれたのかもしれない。
 日本はその温暖湿潤な気候のおかげで自然から多くのものを授かり、またその分多くの天災を見舞われてきた。痩せた海とも云われる地中海を取り囲む国々にとって海は交通手段であったのに対し日本を取り囲む海は4つの海流がぶつかり合う豊潤な海域であり食料の在り方そのものであった。その恩恵と畏怖が自然全てに神が宿ると捉えさせたのも頷けよう。自然を受け入れ自然と共に生きる、それ故に個よりも集団としての和が重んじられる。これが良くも悪くも日本だろう。
 近来の科学技術を使い私たちは自然を効率よく管理することを目指した。効率性こそ富の潤い、幸福に直結すると考えているからだ。高温多湿な気候もエアコンをつければ問題ないし、渇水問題もダムや輸送技術の向上により容易に解決できるようになった。かつてのように自然に合わせてライフスタイルを変更する必要はなくなった。人間の都合に合わせて自然を支配化(under control)におけばいいのだ。それに合わせた文化を築いていけばいいのだ。それが現代的自然観だろう。


これに基づいて今回展示している二つの作品(color space(CMY)、parabola formB)について説明する。



●color space (CMY)
 私たちは自然を彩る色彩も科学した。光は3つの色(R=レッド、G=グリーン、B=ブルー)から成っており全てを合わせると白色になること(加法混色)、絵の具や印刷物の色の三原色(C=シアン、M=マゼンダ、Y=イエロー)は混ぜると黒色になること(減法混色)を解き明かした。
sangenshoku_.jpg

 自然界に咲く色とりどりの花が人間が解き明かした色の秘密通りになるのだろうか?
この作品は色空間(color space)の通りになるようにそれぞれの領域に合わせた色の花が咲くように種子を植える。やがて種子が発芽し開花した時にそれは私たちの科学した通りの色空間となるのだろうか?
color_space_image.jpg
 印象派にジョルジュ・スーラという夭折の画家がいた。彼は絵の具は混ぜれば混ぜる程濁って暗くなってしまうことを嫌い、当時の最新であった絵画理論を取り入れ点描画へと辿り着いた。鑑賞者は画面上で混ぜ合わされた色を見るのではなく原色の点描は脳内で補完されることによって濁ることのない光の色彩を手に入れた。それは絵の具を使っているにも関わらず減法混合ではなく加法混色を目指した絵画であった。
 この「color space」も 小さな花々を網膜が点として捉えることができれば脳内で光の三原色として補完される可能性もゼロではないのではないか。そう思うと花が咲くのが待ち遠しい。いや、たぶん僕はそうならないこと、予期せぬことをもっと期待しているのかもしれない。この花壇に種が植えられ花が咲く、1周目はだいたいの想像がつくのかもしれない。しかし3,4年と経過した時にどのようになっているのか非常に楽しみだ。


Seurat_1.jpg
▲ジョルジュ・スーラ / グランド・ジャッド島の日曜の午後(1884-1886)
Seurat_2.jpg
▲ジョルジュ・スーラ / 海の景色 (1890)《拡大》


●parabola (formB)
 以前僕は木漏れ日を発生させる装置として「parabola」を作った。晴れた森の中、枝葉の隙間からこぼれ落ちる光。またその他の条件が重なればその光の筋も観測できる。そんなある種の神聖な体験を室内にて体験できるようにしたのがこの装置だ。光は神聖さとは程遠いミラーボール状の表面に反射し地面に落ちる。またそのミラーボール状の形状は光が集約するように凹形状をしている。凹形状はゆっくりと回転をするので光はゆらゆらと揺れ、さながら木漏れ日のようである。
 では一体どこに違いが生じるのだろうか。木漏れ日を構成する要素は単にその光にあるのではなく、森に住む小鳥のさえずりであったり時折吹くそよ風は木々をざわめかせうっすら肌に浮かんだ汗を乾かしてくれる。僕が作った人工の木漏れ日は小鳥のさえずりの代わりにモーター音が響き渡り、そよ風の代わりに肌にはエアコンの冷やされた風が当たる。
 この装置によって一応は手に入れた木漏れ日という自然現象に対し支配力をより強化する為にはどのようにすればいいのか。その為に古来より人間の用いてきた手段がある。それは「対決させること」である。古代はコロッセウムから(もしくはもっと昔から)その伝統はあり、支配階級に属するものはその不可侵な場所から罪悪感など微塵も感じることなく下層の生物(動物や奴隷、敵国人)を興味本位で対決させてきた。これを実行できる力を有することによって支配関係はより明確となるのである。

※参考文献:和辻哲郎「風土」

parabola_formB_image.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>