Kiichiro Adachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲山の植物史

Life Balancer no.01を六甲山に設置するにあたって僕はどのような基準で植物を選定したか。秋口から冬にかけての展示ということで双方に落葉樹ではなく常緑樹を植えられている。
そして片方は常緑の広葉樹中心に、もう片方は常緑の針葉樹を中心になっている。

六甲山の歴史とはどういうものか。
麓はシイやカシなどの照葉樹林、山頂部はブナやミズナラなどの落葉広葉樹であったという。
ところが江戸時代に入ると伐採や山火事が原因で荒廃し、さらに江戸後期には神戸港開港の影響もあって禿げ山になってしまい土砂災害が増えた。それに危機を感じ1895年(明治28年)から治水目的とした緑化が進められ現在では1700種以上の植物が自生する自然豊かな山へと戻ったいう経緯がある。

しかしこの背景には1858年に締結された日米修好通商条約、いわゆる不平等条約の影響があったのだろう。この不平等条約にある外国人居留地制度によって六甲山に居留した外国人がより住みやすいようにリゾート開発も進めていった。リゾート地が禿げ山のままというのでは成り立たないのだから彼らが緑化計画の一旦を担っていたことは否定できない。
その際には彼らのふるさとであるイギリスやドイツ、アメリカの森も幾らかお手本になったのではないだろうか。

日清戦争などの勝利により日本の国際的価値が見直され1899年の不平等条約が解消され外国人居留地は日本に返還された。その後官民が入り乱れ六甲山を開発するようになって今に至ったわけである。
つまり不平等条約が六甲山を観光地としての基礎を作り、かつてあった自然を再生されたのは皮肉なことでなないだろうか。
──これは日本のその他の外国人居留地があった横浜、箱根、函館などにおいても見受けられる。

僕は広葉樹中心の植栽を「東洋の森」、針葉樹中心の植栽を「西洋の森」と名付け東洋と西洋の森の命の重さというものを天秤にかけた。

mori_drawing.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>