Kiichiro Adachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく政治の話

なんとなく政治の話。

日本のTPP参加が承認されそうだという。
TPPの参加10カ国のGDP合計は日米で90%を占めるし、アメリカは日本から搾取したいだけだろうとか。いやいや今乗り遅れてはこれからの国際関係に支障をきたすとか。果たしてそれは国益になるのかとマスコミは話題にする。
世論調査では参加すべきだという意見が多かったり、ネットではデメリットばかりだから参加するなという意見が多かったり。


近年中韓との軋轢は増すばかりである。尖閣諸島や竹島の問題。従軍慰安婦。
敵意を向ける相手がいれば抜け目ない政策などなくても簡単に国民の顔向きを揃えることができる。
反日政策とは非常に簡単なものだ。彼らが様々なことを捏造してまでやる理由がよくわかる。
でもこれにより日本は安全保障の為にアメリカとの関係をより強固にする必要がある。だから日本は経済的損益を被ろうがTPPに参加せざるを得ない。アメリカにとっては非常に美味しい話だろう。


もしも中韓との軋轢がこれほどまでなければTPPへの参加は必然だったのか。とするとそういった状況を作るためにアメリカは中国と結託した可能性あるのでは。
いや、もしかするとそれら全て見越した上で日本は何か手を考えているのではないか。

こんな陰謀論の思巡や際限なき憶測は退屈しのぎにはもってこいだ。
無限の想像力に任せればどこまででも裏読みできた気になることができるだろう。


作品も同じようなもので自分の作品を見てるとどこまででも解釈できてしまう。
誰よりもその作品の近くにいるのだから当然だろう。そして自分の作品がまるで深いものだと誤解してしまうのだ。自惚れてしまったり、本質がぼやけてきてしまったり。
そもそも自分の作品にいろんな解釈を与えようとする行為自体がおかしいのかもしれないが、自分の気付いてないところに本質がある場合も多々ある。


これには注意したい。
自分の作品にはできる限り接近し、そしてしかるべき距離をとること。
これは常日頃心がけているつもりではある。

window.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>