Kiichiro Adachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありふれた友情の話

 僕が僕自身の現状に滞りを感じている時、苛立っている時に夢によく出てくる人物がいる。

 彼は大学時代共に野を駆け山を駆け回った友人だった──古典的な言い回しと感じるかもしれないが当時の多摩美周辺はトンネルも開通しておらず駅に出るのに山を越えなければいけなかったから然程外れてはいないだろう。
実際に彼は僕のことをどう思っていたかは知る由もないが僕は記憶の中からこのように受け取っている。ボロアパートに白熱球、安酒にレコード、世紀も跨ごうとしているのにそんな昭和の香りが立ち込めた部屋で夜が更けるまでくだらない話で盛り上がった。熱くなりすぎた僕らはアートパフォーマンスと称して街に出て警察に捕まったり、そして女が好きで数々の阿呆な事もした。

 今思えば僕は彼に憧れていたんだろう。彼はよく仰々しく人を誉めた、またよく侮蔑した。彼の知性に大ボラに、社交性が非常に高いと思えば面倒な事は容易に無視する、そして何よりもその行動力に。
僕にアートを教えてくれたのもまた彼だった。
彼は何かを整理したかったのか一度部屋にある一切のものを捨ててしまった、それは僕に今もなお守るべきものがないことを教えてくれる。

 学科の違った僕たちは大学も3年4年となりあまり会わなくなった。
卒業間近に彼と呑んだ時に学内に展示していた僕の卒業制作を見かけたようで、いつものように絶賛してくれた。

 最後に連絡をとったのは6年程前だった。彼は一体今何処で何をしているのだろうか。
若干知りたくはあるが僕は探したくない。
未だにアートをやっているのかもしれないし、世界のどこかを旅しているのかもしれないし、(全く想像できないが)会社なんかで働いているのかもしれない。元気でやっているのならばそれでいい。
いずれ会う時が来るだろうし、その時に堂々と会えたら僕はそれで十分だ。

その時の為に僕は今やるべきことをやろう。



2000_11.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>